日置市伊集院町の郊外住宅団地に残存された雑木林に建つ平屋の木造住宅です。既存の樹木を可能な限り残すようにシンプルな平面を配置しました。
連続する開口が外周をぐるりと一周する事で、シンプルな平たい直方体が浮遊し、大屋根の様に空間全体を覆うイメージです。空間は大きな引き戸と欄間によって仕切られ、開け放つと和室や玄関を含めた大きなワンルームになります。
天井高を高めに、連窓窓を少し低め設定して空間の重心を下げ、パノラマのように既存の木々を眺めることが出来ます。木の質感はご所望でない為、白い空間の中に柱のみを表しとし、木造のアイコンとしました。

data
所在地:鹿児島県日置市伊集院町徳重
敷地面積:600.30u
延床面積:112.62u
構造:木造平屋建
竣工:2016年4月
施工者:葛エ口組