Atelier KAN's report

  • 鹿児島市の建築設計事務所・アトリエ環の建築レポートです。
  • 鹿児島を拠点に、新しい建築空間を提案する設計事務所を目指しています。
  • このほかのコンテンツにアクセスするにはアトリエ環のHPまでどうぞ。
  • 画像クリックで拡大します。
  • カテゴリー:建築のこと

    14/8/9
  • 09
  • Aug
  • 2014
  • 建築のこと

    「ベスト電器加世田店」と「ドベチェムジカ」

    「ベスト電器加世田店」が解体された旨、御報告頂いた。解体されたのは、「ドベチェムジカ」以来、2件目である。商業建築の生み出されるプロセスは、単純な経済活動に過ぎないので、情勢によっては短命な事は理解できていますが、やはり寂しさはありますね。せめて記憶の中に留めて置きます。


    13/9/13
  • 13
  • Sep
  • 2013
  • 建築のこと

    素材について

    1995年竣工の木造住宅。限られた予算の中、木は木らしく、鉄は鉄らしく、アルミはアルミらしく、布に似せたビニールよりはペンキ(AEP)塗り、木造でしかなし得ない空間表現、当時はそのような事ばかり考えていました。
    床:米松板、壁:AEP、天井:杉板、建具・家具:米松練付、階段手すり:鉄フラットバー、ささら:鉄カットティー


    10/9/2
  • 02
  • Sep
  • 2010
  • 建築のこと

    バイブル

    建築を学んでいた学生時代から、いつも傍らに置いていたA.D.A. EDITA Tokyoの「現代建築の4巨匠」シリーズ(ルイス・カーンが追加され計5冊)が、ついにフランク・ロイド・ライト「建築の理念」を中古で手に入れ、本日補完しました。学生の頃は、ライトは好みではなかった為、揃えようと思った時には絶版になっていたものです。単行本ほどの大きさのため参照するのに最適です。


    06/9/23
  • 23
  • Sep
  • 2006
  • 建築のこと

    土の建築

    現場の土にある種の硬化剤を混ぜることによる、道路の舗装や、土間の叩き、あるいは地盤改良等、土を利用する技術が進歩してきている。その技術を応用して土の建築を実現できそうな気配がある。問題は建築基準法上の扱い、構造体としての土の耐久性、開口部廻りの防水性などのようだ。実現できたら、きっと太古の、あるいは胎内空間のような、静寂に溢れる安らぎの空間が出来上がることでしょう。


    06/6/14
  • 14
  • Jun
  • 2006
  • 建築のこと

    曲面ガラス

    ある診療所の為に作られた曲面ガラスの現場搬入時、トラックの荷台に固定された状態です。ガラスの固定用の鉄骨架台との組み合わせが近未来的だと感じ撮影しました。
    この曲面ガラスは、複層ガラス(ペアガラス)つまり6か8mmの空気層を挟む2枚のガラスから出来ています。それによりただでさえ複雑な反射像が2重に写りこみ摩訶不思議な世界を作っていました。凄い技術ですね。


    total:406605, yeday:18, today:18, now online:1